交通事故治療の知識

交通事故のけがは、なぜ長引くのか?

交通事故後は、症状を抑え、早く元の生活を取り戻したいと考えるのは当然ですが、なかなか治らず不快な症状が長く続く例が多いのが現実です。

交通事故では重大なけがが多いからということもありますが、微妙な症状が、治ったと思ってもまたぶり返すといったことが多いのが特徴です。

では、なぜ交通事故のけがは長引くのか、考えてみましょう。

強い衝撃が様々な組織を壊す

交通事故では、重量のある自動車や自転車がスピードを出してぶつかるので、極めて大きいエネルギーが人体を襲います。

「むちうち」をはじめとした、日常生活ではあり得ないほどの激しく大きな動きが、広い範囲で人体の組織を損傷することになるのです。

レントゲンなどで異常が見つかる骨などの治療は、1ヶ月ほどで終わることがほとんど。
治療により、いったん痛み等の症状が治まることも多いものです。

しかし、交通事故による組織の損傷は、関節の炎症や筋肉の緊張、神経の圧迫等、見つかりにくいところにも様々に生じています。

それが、けがが「完治」しても症状が長引いてしまう原因になっています。

体に不調を起こす「閾値」

人間の組織は、負担がかかると細かく損傷しますが、すべて体に感じる症状として表れるわけではありません。

あるレベルを超えると、痛みやしびれなどの不調となって表れます。

ここには不調が顕在化するかしないかの違いとして、「閾値(いきち)」のようなものがあると考えられます。

交通事故で多くの組織に傷がつくと、様々な部分でこの閾値が下がります。

そして、日常生活での疲れや負担で、それまで不具合を感じなかった部位に、異常が生じだします。 

治療をして症状が消えたと感じられても、日常生活で閾値を超えてしまい、不快な症状があらわれてきます。

一時的に良くなり、治療をやめ、日常生活でぶり返す、これを繰り返してしまうことが長引く原因になってしまうのです。

日常生活でどのような動きをしているかは人それぞれです。

仕事でも、重い荷物を持ち上げたり、立ちっぱなしで長時間を過ごしたり、またデスクワークの方もいらっしゃいます。

交通事故のけがの治療では、各部位の損傷を正しく評価すること、そして日常生活や仕事で閾値を超えてしまう動きは何なのか、総合的に診る必要があるのです。

くまはら接骨院の評価と治療の特徴

くまはら接骨院では、レントゲン等では映らない、筋肉や神経、腱などの評価を詳細に行い、なぜ痛み等の症状が出ているのか、評価する技術があります。

また、普段、仕事や私生活でどのような動きをしているのか、ということも聞き取り、症状が出る部位に負担が集中しないよう調整、不快な症状が連鎖しないよう治療を行います。

長引く症状にお悩みの方は是非ご相談ください。

関連記事合わせてお読みください

  • 交通事故に強い整体・接骨院を探す方法

    接骨院は、交通事故の治療を行う専門家として昔から活動していますが、最近はホームページ等で交通事故の対応をアピールする接骨院が多くなりました。 しかし、一般の方からは、実際に事故に遭った際、何を基……

    続きを読む
  • 交通事故のけが 接骨院に症状を説明するコツとは?

    交通事故によるけがであっても、軽微に感じられる場合には、接骨院になかなか足が向かない、あるいは一度や二度で、行くのをやめてしまう方がいらっしゃいます。 そういった方に理由を聞くと「話すのが苦手で……

    続きを読む
  • 主婦が交通事故に遭った場合、休業損害は認められるのか?

    家事に育児に、忙しく働く主婦の方が、もし、交通事故に遭うと、自分自身はもちろん、家族の皆様も元気を失ってしまいます。 そして、主婦の方が事故に遭ったときの心配の一つに、仕事ができなくなったことに……

    続きを読む

新着記事